私が日ごろ重宝している厳選ユーティリティを以下に列挙します。どれも日々の仕事・研究に役立っており、これらの小道具たちに囲まれ励まされ支援を受けながら、かろうじて研究者としての余命を保っている、といった感じです。

Web 上で入手できるシェアウェアと無料ソフトウェアだけで、6,000円を超す商用ソフトウェアは除外しています。ソフト名の右肩の '+' はシェアウェアを示します。無印は無料ソフトウェアです。

Mac ユーティリティ

ソフト名Ver.アイコン機 能
Avast Security15.0無料アンチウイルス・アンチマルウェア ソフト。特定のフォルダーやファイルを対象に「カスタム スキャン」だけ使用。
Default Folder X+5.6.2最近使ったフォルダーとファイルをすばやく開くためのユーティリティー。よく使う項目(フォルダーとファイル)を登録できる。Finder クリック、「開く」ダイアログにおけるドロアー経由のファイルのコピー・移動、Finder–「開く」ダイアログ間のファイルのコピー・移動も便利。
Image2icon+2.16イメージをアプリケーションのアイコンとして貼付けるのに使う。
Jedit Ω pro+2.43マルチファイル検索・置換、複数一括置換、スマートインデックス・メニュー、ファイルの比較、構文カラーリング、階層化したマクロメニュー、ショートカットとコンテクストメニューによる AppleScript 実行などの強力な機能をもつテキストエディター。macOS 用に最適化されている。スマートインデックスでは、検索文字列を正規表現で指定し、メニューに表示する文字列をキャプチャーし、\1 などで後方参照できる。
MacWinZipper2.7 ZIP 形式の圧縮ファイルを生成するアーカイバー。Windows 上で解凍する際、日本語のファイル名が文字化けせず、余計な隠しファイルが生成しないのが売り。
PCalc+4.10多機能電卓ソフト。⌘-T (Show Tape) が便利。
TeXShop4.68TeX による組版用の統合環境。英文・和文を問わず LuaLaTeX でコンパイルしている。使用法については「Mac用 TeX による組版」「モダン LaTeX による日本語文書のタイプセット」を参照せよ。
TeX2img2.4.3hoge.tex の組版によって生成した PDF ファイルを Keynote でオープンしている *.key に自動ペーストできる。
Transmit+5.8.2FTP・SFTP・WebDAV クライアント・ソフト。Finder との間でコピー&ペーストが可能。最新版は macOS 10.15以降で動く。



Windows ユーティリティ

ソフト名Ver.アイコン機 能
秀丸エディタ+9.00定番エディタ(ヘルプページ)。強力な秀丸マクロ機能を備えている上、田楽 DLL(64ビット版はここ)の関数を呼び出すことでマクロの高度化を図れる。マクロをボタン、ファンクションキー、ポップアップメニューに割り付けられる。アウトライン解析枠にしおりを表示できる。ファイルマネージャ枠+ファイルマネージャ枠同期マクロ秀丸ファイラー Classic はファイル操作に便利。秀丸エディタ Q&A 集は有用な情報源。
秀丸ファイラー Classic+1.70使い勝手が今一のエクスプローラーの代替品(ヘルプページ)。リンクバーに特定のフォルダーを登録し、フォルダーをタブ切換できる点が秀逸。。秀丸エディタの「開く」ダイアログボックスにブックマークメニューを追加でき、ファイルマネージャ枠との連携も図れる。本ファイラーと秀丸エディタはダークモードで統一している。
busybox64.exe1.35.064ビット版の組み込み UNIX プログラム。bash.exe と改名し、シェルスクリプトとの関連付けにより RIETAN-FP・VENUS システム用 bash スクリプトのバックエンドとして活用中。いわゆる Shift_JIS の第1種ダメ文字もエスケープしさえすれば、sed で扱える。
Sumatra PDF3.3.3軽量 PDF ファイルビューアー(ドキュメンテーション)。オープン済みの PDF ファイルを排他ロックしないことから、RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境と相性が良い。