3D Visualization System VENUS
電子・核密度と結晶構造の三次元可視化プログラム | NIMS 発の論文で被引用数トップの地位を確立!
 Distribution Files for the RIETAN-FP・VENUS Package
RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル | 「RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル」の新装開店
 インターネット・ソフトウェア情報
LINKS | サーチエンジン | Mac・Windows ユーティリティ | Mac 用 TeX による組版
Windows 用 BusyBox について | Gnuplot で pdfcairo ターミナルを使うための手続き
Google 翻訳+スプレッドシートによるサバイバル英作文
 ブログ選集:「お知らせ+活動記録+たわごと」中のえり抜きエントリー
 掲示板: 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011


新着情報: 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020


■ 2020 年 10 月 7 日(水) 「RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル」の新装開店

本日の記事は10月12日のブログエントリー

「RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル」の新装開店

にコピーしました。既存のエントリーと同様に、今後も必要に応じて加筆修正していきます。

最新配付ファイルは「RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル」でダウンロードできます。参考文献がかなり多くなってきたので、別ページにリストアップしました。さらに変更履歴を Windows 版macOS 版に分離しました。

■ 2020 年 11 月 26 日(木) lualatex + jlreq による組版

「LaTeX2ε美文書作成入門」、改訂第8版から刺激を受け、RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイルに含まれているマニュアルとチュートリアルの PDF ファイル10個を lualatex + jlreq ドキュメントクラス でタイプセットし直しました。

lualatex による組版は事前に予想していたほど遅くありませんでした。luahbtex エンジン(HarfBuzz ライブラリーを導入した luatex)v1.12.0 のおかげでしょう。upLaTeX + dvipdfmx というレガシー LaTeX からモダン LaTeX への脱却を果たし、自己満足に浸っています。

■ 2020 年 12 月 18 日(金) DV-Xa.zip の更新

「DV-Xα 法計算支援環境の手引き」 (Readme_DV.pdf) を改訂し、アーカイブファイル DV-Xa.zip を更新しました。現時点では古くなった情報を書き改めるとともに、新たに「VESTA を利用した三次元可視化と粉末構造解析」講習会(京都大学、2019年3月18日)の参加者に配付したチュートリアルから Cimedine の DV-Xα 分子軌道計算と三次元可視化に関する部分を再録しました。Readme_DV.pdf をモダン LaTeX (lualatex + jlreq) で組版したのは言うまでもありません。

■ 2020 年 12 月 29 日(火) 「Mac 用 TeX による組版」の改訂

「Mac 用 TeX による組版」の末尾に「モダン LaTeX による組版」を追記しました。Evernote のメモへのリンクを張りました。

■ 2020 年 12 月 30 日(水) M1 Mac と自作ソフトとの互換性について

RIETAN-FP・VENUS システム配布ファイル中の「5. macOS 用配付ファイル」に「CPU・GPU コアやメモリーなどを内蔵するシステム・オ ン・チップ (SOC) M1 を搭載した Mac (macOS 11 Big Sur) で、RIETAN-FP, Dysnomia, VESTA などが支援環境上で正常に動くことが確認されました。」と明記しました。いち早く64ビット化を果たした甲斐がありました。

いずれ M1 ネイティブ対応の自作アプリケーションを公開するつもりです。 研究予算がゼロなので、近日中に M1 Mac を自腹で購入します。

■ 2021 年 1 月 11 日(月) 廃墟ページへのリンク

賞味期限切れページ「電子・核密度と結晶構造の三次元可視化プログラム」へのリンクを HP に張りました。