新着情報バックナンバー: 2018年


■ 2018 年 2 月 6 日(火) 平成 29 年度 Nanotech CUPAL 先端計測技術入門・上級コース(構造解析)

科学技術人材育成費補助事業 Nanotech CUPAL の一環として物質・材料研究機構先端計測技術入門・上級コースを2017年度も開講します。募集要項と連絡先はここに掲示してあります。私は構造解析(Aサブコース:粉末回折)の入門・上級コースを担当します。

入門コース(A)の受講者には講義に使う全スライドを2枚/ページでカラー印刷・製本したテキスト、実習用インストーラー(詳細なチュートリアルを含む)を配付します。次回の入門コースは 2018年3月13〜15日(英語)に開催されます。

とくに Nanotech CUPAL コンソーシアムの構成機関、すなわち

産業技術総合研究所物質・材料
研究機構
高エネルギー
加速器研究機構
筑波大学京都大学
北海道大学東京大学東京工業大学東京理科大学早稲田大学
京都工芸繊維大学大阪大学神戸大学立命館大学同志社大学
薄黄色の背景:育成実施機関。薄水色の背景:研究者等派遣機関。

に所属する博士課程学生と若手研究者は参加費無料、交通費支給の特典を享受できますので、ぜひ参加をご検討ください。

■ 2018 年 3 月 19 日(月) 募集開始:最新版 RIETAN-FP・VENUS システムのお披露目を兼ねた講習会

第 22 回 ナノ構造研究所 材料計算セミナー
 RIETAN-FP・VENUS システムと外部プログラムによる粉末構造解析 

日時: 2018 年 5 月 7 日(月)・8 日(火)
会場: ファインセラミックスセンター地図

詳しくは2018年3月19 日のブログエントリーをお読みください。


参加者向けの伝達事項

実習に参加される皆様へ: 5月8日にはチュートリアル(Win_exercise.pdf、Mac_exercise.pdf)を各自印刷してご持参ください。チュートリアルはインストーラーの最上階層にあります。時間の都合上、実習の一部をスキップし、チュートリアルを見ながら概要を説明することがあります。

4月30日(月)

講義用 PDF ファイルのアーカイブファイル(91.2 MB)をアップロードしました。各スライドの右下に通し番号が入っています。座席が後方の場合、ご自分の PC で表示しながら講義を聴講するといいでしょう。

5月2日(水)

Windows・macOS 用インストーラーを更新しました。一番上の階層に置いたチュートリアル(Win_exercise.pdf と Mac_exercise.pdf)を改訂しただけで、ソフトウェアとデータはまったく変わっていません。

5月4日(金)

  1. 本講習会用インストーラーで Windows 用 RIETAN-FP・VENUS システムをインストールしたところ、VESTA による粉末回折パターンのシミュレーションが実行できなくなったという報告を受けました。一方、macOS 用 VESTA では、以前からシミュレーション機能に不具合がありましたが、雑事にかまけて放置してきました。両 OS 用バージョンともすでに原因を解明済みで、対症療法も見つけましたが、最終的にはインストーラーと VESTA の改訂が必要不可欠です。講習会が目前に迫っており、混乱を避けるためにインストーラーの更新は控え、講習会終了後に対処いたします。参加者の皆様には、後日ここで最新情報をお知らせすることを約束いたします。
  2. 講義用 PDF ファイルを更新しました。再ダウンロードが不要な程度の微修正です。
  3. macOS 用インストーラーの最新版(110 MB)をアップロードしました。欠落していた listPPP.command を追加し、チュートリアルを改訂しました。

5月5日(土)

配付資料用アーカイブファイル(28 MB)を更新しました。Windows・macOS 用チュートリアルの最新版が Tutorials フォルダーに入っています。Windows 用インストーラー中のチュートリアル Win_exercise.pdf は最新版でないことにご注意ください。

5月6日(日)

Mac を使う実習を受講される方は Jedit Ω pro のライセンスを購入し、ライセンス登録を済ませておくことをお奨めします。さもないと、魅力的な新機能であるスマートインデックスが利用できないという憂き目に遭います。

5月10日(木)

macOS 用インストーラーを更新しました。一部の bash スクリプトで gawk の最新版 v4.2.1 を使っていましたが、ユーザーの環境によっては libmpfr.4.dylib というライブラリーファイルが存在せず、gawk が実行できない恐れがあることが発覚しました。そこで commands_common/gawk を削除し、macOS 標準の awk を使うよう改訂しました。チュートリアルも微修正しました。さらに、配付資料用アーカイブファイル中のチュートリアル二つもアップデートしました。ついでに、Jedit Ω が v1.25 にバージョンアップしたこともお知らせしておきます。

5月11日(金)

Windows 用インストーラーを更新しました。VESTA 3.4.4+RIETAN-FP+gnuplot による粉末回折パターンのシミュレーションが途中でコケてしまうという不具合を解消するため、Batch_files¥Plot.bat と Commands¥tee.exe(busybox64.exe を改名)を暫定的に追加しました。tee.exe は VESTA が実行するバッチファイル RIETAN.bat 中で使います。チュートリアルも微修正しました。

さらに、昨日アップロードしたばかりの macOS 用インストーラーを早くも更新しました。VESTA 3.4.4+RIETAN-FP+gnuplot による粉末回折パターンのシミュレーションを実行可能にするため、シェルスクリプト VESTA.app/Contents/Resources/RIETAN.sh を対症療法の記述に従って修正しました。

5月14日(月)

Windows 用インストーラーを更新しました。チュートリアル中のファイルマネージャ枠の使用法に関する部分を修正しました。

5月17日(木)

Windows 用インストーラーを更新しました。チュートリアル中の BusyBox とファイルマネージャ枠に関する記述を修正しました。Jedit Ω が早くも v1.26 にバージョンアップしました。

■ 2018 年 6 月 1 日(金) 東工大で粉末構造解析の無料講習会を開催!

「RIETAN-FP・VENUS システムと外部プログラムによる粉末構造解析」講習会 

日時: 2018 年 9 月 24 日(月)・25 日(火)
会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス レクチャーシアター地図
共催: 科学技術人材育成費補助事業 Nanotech Career-up Alliance

詳しくは 2018 年 6 月 1 日のブログエントリーをお読みください。

■ 2018 年 6 月 26 日(火) JFCC で講習会を再度開催

第 24 回 ナノ構造研究所 材料計算セミナー
 RIETAN-FP・VENUS システムと外部プログラムによる粉末構造解析 

日時: 2018 年 8 月 7 日(火)・8 日(水)
会場: ファインセラミックスセンター地図

共催: 文部科学省 科学研究費助成事業 新学術領域研究「複合アニオン化合物の創製と新機能」

第22回材料計算セミナー(5月7・8日)は4月早々に参加申込みを締め切らざるを得なかったため、再開催に踏み切りました。

詳しくは 「JFCC で粉末構造解析の無料講習会をアンコール開催!」をご一読ください。