新着情報バックナンバー: 2019年


■ 2019 年 1 月 25 日(金) VESTA と関連プログラムのハンズオンを京大で開催

 「VESTA を利用した三次元可視化と粉末構造解析」講習会  
https://u.kyoto-u.jp/vesta


講師: 門馬綱一 (国立科学博物館)、泉 富士夫 (京都大学)
日時: 2019 年 3 月 18 日 (月)・19 日 (火)
会場: 京都大学 桂キャンパス 化学系大講義室 A2-306(地図
参加費: 無料

昨年10月に JFCC で催し、盛会裡に終わった第25回 ナノ構造研究所 材料計算セミナーの内容に磨きを掛けたハンズオンです。太っ腹なことに、講義に使用する全スライドの PDF ファイルを差し上げます。スペースに余裕のある階段教室を会場に使うためスクリーンが見やすく、音響効果も良いはずです。快適に受講して頂くため、定員を80名に絞りました。

私は19日午後の「RIETAN-FP, Dysnomia, superflip, PyAbstantia 等との連携」で Windows PC と最新の RIETAN-FP・VENUS 統合支援環境と外部プログラムを使う実習を担当します。Windows 用はもとより、macOS 用のインストーラーも事前配付します。さらに謎の新作ユーティリティー(約1000行の bash スクリプト)を実演するとともに、参加者に配付します。